妊娠中の体重コントロールの必要性について

妊娠中の体重コントロールの必要性について

みなさまこんにちは。

 

妊娠中期、つわりが治まり生活が安定してくると、次に待っているのが食欲との戦い?でしょうか。妊娠中には、2人分の栄養を取らなければと思い、ついつい食べ過ぎてしまうなんて事があるかもしれませんね。

 

たしかに、赤ちゃんの事を考えると、たくさん栄養分を摂取してすくすく育ってほしいと願うのがママの優しさ。しかし、妊娠中にあまりにも体重が増加しすぎるのは健康的には大問題。食べ過ぎはNGなのです。

 

ではどれくらいの体重増加がセーフティーな目安になるのでしょうか。あるいは、増えすぎた場合の対処方法とは?

 

今回は、妊娠中の体重コントロールや、妊娠中のダイエットの是非についてご紹介したいと思います。

 

妊娠と体重管理とダイエット

妊娠中、「体重が増えすぎるとダメ!!」そう指摘される事ありませんか?これは、あまりにも増えすぎた体重により、お産に与える影響・ママのカラダへの影響などを心配するために受ける指導です。

 

しかし、これは増えすぎに対する指導であって、妊娠中にはある程度の体重増加は当たりまえなのです。むしろ、体重が増加しない事の方が問題。ここでは増加して良い体重の範囲とその理由・増加しない場合のリスクについてご紹介したいと思います。

 

妊娠中に増加する体重

適正な体重増加の範囲

妊娠が判明すると、ママはすぐにその段階での体重管理が始まります。これは、ママの体重と、その後の増量でお腹の赤ちゃんの発育状態を判断するために行います。

 

妊娠が判明して出産するまでの間に増加する体重の合計は、妊娠前の肥満指数(BMI)によって異なります。

 

妊娠前の肥満指数(BMI)が普通の場合7〜12kgですが、やせ型の人の場合は9〜12kg。肥満の場合には、その程度により医師からの指導が行われます。
妊娠によって増加する体重は、最低でも6kg強。これは、赤ちゃんとそれ以外にも血液や羊水などの重さも含まれています。これが妊娠の全期を通してなだらかに増加するのが理想的。増えすぎても、体重の増加が少なすぎても問題なのです。

 

体重が増加しすぎた場合のリスク

体重が増加しすぎると、ママのカラダに悪影響を及ぼします。わかりやすい例でいえば、あの妊娠線。体重の急激な増加が妊娠線の原因の一つ。体重が急激に増えたなと思ったら、カラダの様々な部位を確認してみましょう。妊娠線が現われているかもしれません。

 

あるいは、増加しすぎた脂肪が産道を圧迫する事で、出産に時間がかかる、つまり難産のリスクが高くなるのです。これ以外の問題点はちょっとシリアスな内容になります。

 

例えば妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病。妊娠高血圧症候群になると、赤ちゃんの発育不全のリスクが高くなりますし、妊娠糖尿病は、妊娠高血圧症候群の原因になるのと同時に、巨大児・流産・胎児死亡など深刻な問題を引き起こします。

 

そうならないためには何をすればいいのでしょうか?

 

妊娠中にダイエット?

基本的に妊娠中のダイエットは厳禁。妊娠中に急激な体重増加がみられた場合には、ダイエットで減量を目指すのではなく、それ以上増やさない工夫を行います。一般的に、妊娠中に医師からダイエットの指導を受けた場合には、妊娠していない時に行う減量目的のダイエットではなく、体重キープのための物と判断しましょう。

 

では、具体的にはどんな事を行うのでしょうか?

 

体重コントロールの方法

■適度な運動を
実は妊娠中であっても、健康な状態であれば運動を行っても問題ありません。しかし、それには個々に条件が異なりますので、必ず医師の指導の元行います。

 

指導を受け、運動の許可が出た場合には、カラダへの負担が少ない軽めの有酸素運動を行いましょう。ウォーキング・マタニティヨガなどがオススメです。

 

妊娠していない時に行うような無酸素運動はオススメできません。妊娠中には控えましょう。

 

■栄養バランスの良い食事の摂取
これは、妊娠していない状態の時に行うダイエット方法の一つである、食生活の改善です。

 

しかし、妊娠中には摂り過ぎてはいけない栄養成分もありますので、慎重に行う必要があるのです。また、妊娠中の食生活では、ママと赤ちゃんと、両方に必要な栄養素を摂取しながらも体重の増加を防ぐと言った、とても難しい課題をクリアしなければいけないからなのです。

 

では、どうするか?まずは食べ過ぎない事と、甘い物や油っ濃い物を控える事。主食としての炭水化物はしっかりと摂取しても大丈夫。ただし、白米ではなく、玄米や雑穀枚などがオススメなのです。

 

副菜は野菜やお肉・お魚などたくさんの栄養素をバランス良く摂取しましょう。

 

逆に控えた方が良い食品は、血糖値を上げる食品。例えば食パンや白米・小麦粉など精製された穀類とそれを使ったうどんなどの麺類やお餅など、糖分やでんぷん質を多く含むジャガイモ・山芋・トウモロコシなどをたくさん摂取する事も控えた方が賢明です。

 

まとめ

妊娠中のママのカラダの管理、本当に大変ですよね。つわりの時期には食べる事ができず、やっと治まったと思ったら体重管理。それもこれも可愛い赤ちゃんとママの健康のため。少しの間の辛抱です。頑張ってくださいね。